前へ
次へ

タイ王国のバンコクで不動産投資をする

現時点でタイ王国には6万人を超える日本人が生存を確認されています。
その多くはバンコクに駐在する日本企業の駐在員とその家族たちです。
その数は4万人を超えると言われています。
日本企業の駐在員とその家族たちはバンコクのスクンビットと言われるエリアに住んでいます。
もしもタイ王国で不動産投資を考えられるのであれば、これらの人たちをターゲットとしたビジネスが考えられます。
コンドミニアムなどを購入して、それらを日本人の駐在員や家族等に貸し付けるのです。
一度貸し付けることが出来ると、その後数年は安定したコンドミニアム家賃収入が期待できるということになります。
バンコクで不動産投資をするのは結構難しいです。
それは一体どういうことなのでしょうか。
タイ王国の法律で、外国人はコンドミニアムの一部しか所有することができないからです。
また売買するにしても、そのビジネスターゲットはおのずから縛られます。
それは日本人の企業の駐在員とその家族を対象としたものに限られるということです。
タイ王国では外国人の土地や建物の所有を基本的に禁止しています。
特に土地は外国人では所有することができません。
外国人でも所有できるのはコンドミニアムの一部だけです。
一部というのは、例えば部屋数が100室のコンドミニアムであれば、外国人が購入できるのは49室までです。
残りの51室はタイ国籍のタイ人が購入するということになります。
ここにタイ王国で不動産投資をする難しさがあります。
それでは全く不可能であるのかといえば答えはノーです。

神奈川全域対応で水漏れ修理
県内の水トラブル全て解決いたします

大人気のエコジョーズがお得
スマート設備ならお安く給湯器交換が可能です

山梨で学区・価格からお家探し
学校が近いや予算から最適な土地をご提案させていただきます

小さなリフォームでもお気軽に
山梨の西甲府住宅はどんなリフォームでも承ります

注文住宅 山梨
まずはどのようなお家にしたいのかお話ください

バンコクには日本企業の駐在員とその家族が生活をしています。
その総数は4万人を超える勢いです。
これらの駐在員達はバンコクのスクンビットエリアに集中して暮らしています。
この点に着目してタイ王国での不動産ビジネスが可能になるわけです。
一番簡単なのはコンドミニアムを購入して、それを日本人の駐在員に貸し付けるというスタイルです。
これらの駐在員たちの任期は数年から10年にも及びますから、一度貸付に成功すると、その後安定した収入が得られるということになります。

Page Top